サウナ経営までの9ステップを紹介!経営のポイントや必要な準備まで具体的に解説

サウナ経営のポイントや必要な準備

自分自身のサウナを経営したいと考えている方にとって、なにから始めればよいのか迷うことは多いでしょう。特に、サウナ経営に必要な資格や許可、資金調達の方法など、初めての方には難しく感じる部分も多いはずです。この記事では、サウナ開業を目指す方々に向けて、経営までの9ステップを具体的に解説します。市場調査から資金調達、場所の選定、営業許可の取得方法まで、必要な準備や経営のポイントを詳しく紹介します。この記事を読むことで、サウナ開業に向けた具体的な行動計画が立てられ、自信を持って経営スタートが切れるでしょう。まずは一歩一歩進んで、夢のサウナ経営を現実にしましょう。

サウナ経営スタートまでの9ステップ

サウナ経営を考えている方にとって、まずは開業のためのステップの全体像をつかみ、次にそれぞれのステップで具体的にやるべきことを知ることが重要です。この記事では、サウナ経営を始めるための9つのステップについて詳しく解説します。市場調査からビジネスプランの策定、予算計画と資金調達、そして資格取得や営業許可の取得まで、必要な情報を網羅しています。

これらのステップを順番に進めることで、サウナ開業の準備が整い、成功に向けた基盤を築くことができるでしょう。

ステップ①市場調査とビジネスプランの策定

サウナ経営を始める第一ステップは、市場調査とビジネスプランの策定です。市場調査では、ターゲットとなる顧客層や競合店の状況を把握することが重要です。例えば、サウナを利用する年齢層や性別、利用頻度、競合の強みや弱みを調査します。これにより、自分のサウナがどのような顧客層にアプローチできるかを明確にし、他店との差別化を図ることができます。

ビジネスプランの策定では、事業の目的や目標、戦略、財務計画などを詳細に記載します。ビジネスプランは、資金調達の際に投資家や金融機関に対して信頼性を示す重要な資料となります。明確なプランを持つことで、開業後の運営もスムーズに進めることができます。

ステップ②予算計画と資金調達

サウナを開業するにあたって、予算計画と資金調達は最も重要なステップの一つです。初期費用の見積もりから運営資金の確保まで、しっかりとした計画を立てることで、開業後の経営も安定します。ここでは、サウナ経営にかかる初期費用や運営資金の目安を具体的に紹介するとともに、効果的な資金調達の方法について詳しく解説します。これらの情報をもとに、確実な資金計画を立て、安心して開業準備を進めましょう。

初期費用の目安

サウナ開業にかかる初期費用の目安を把握することは重要です。初期費用には、物件取得費用、内装工事費用、サウナ設備の購入費用などが含まれます。具体的には、以下のような項目があります。

費用項目内容平均コスト
物件取得費用賃貸の場合は敷金・礼金
購入の場合は物件価格
賃貸:50万〜200万円
購入:1,000万〜5,000万円
内装工事費用サウナ室の設置、脱衣所やシャワー室の設置など200万〜1000万円
サウナ設備費用サウナストーブ、ヒーター、温度計、湿度計など100万〜500万円

それぞれのコストは、規模や品質によって大きく変わりますが、予算計画を立てる際のおおまかな参考にしてください。

運営資金の目安

運営資金も詳細に計画を立てることが必要です。運営資金には、従業員の給与、光熱費、備品の補充費用、宣伝広告費などが含まれます。具体的には、以下のような項目があります。

サウナの規模に応じて、スタッフの人数や給与額を計算します。例えば、フルタイムスタッフ3名とパートタイムスタッフ2名の場合、月々の給与総額は約100万円〜150万円が目安です。

サウナは高温を維持するために大量の電力を消費します。月々の電気代は5万円〜15万円程度かかることが多いです。また、水道代も考慮に入れると、合計で月々10万円〜20万円程度が必要です。

タオルやアロマオイル、清掃用具などの消耗品は定期的に補充が必要です。これらの費用は月々5万円〜10万円が一般的です。

新規顧客を獲得するためのマーケティング活動には予算が必要です。地元の広告やオンライン広告、プロモーションイベントなどにかかる費用は月々5万円〜20万円が目安です。

特に光熱費はサウナ経営において大きな割合を占めるため、具体的な使用量を見積もり、慎重に計画を立てることが重要です。これらの費用を総合的に計算し、毎月の運営資金をしっかりと確保することで、安定した経営を維持することができます。

資金調達の方法

サウナ開業に必要な資金を調達する方法としては、自己資金のほか、融資や投資家からの出資があります。それぞれの方法について具体的に見ていきましょう。

自身の貯金や資産を利用して開業資金を調達する方法です。自己資金を投入することで、外部からの借入れを減らし、返済の負担を軽減できます。

金融機関からの融資を受けるには、詳細なビジネスプランや財務計画の提出が必要です。ビジネスプランには、事業の目的、ターゲット市場、競合分析、マーケティング戦略、収支計画などを具体的に記載します。

融資の種類としては、日本政策金融公庫の創業融資や、地域の信用金庫が提供する創業支援融資などがあります。例えば、日本政策金融公庫の創業融資では、無担保・無保証人で最大3000万円までの融資を受けることができます。

エンジェル投資家やベンチャーキャピタルから資金を調達する方法です。投資家に対して事業の成長性や将来性をアピールし、資金を引き出します。出資を受ける代わりに、株式の一部を提供することが一般的です。

インターネットを通じて多数の人々から資金を募る方法です。クラウドファンディングのプラットフォームには、MakuakeやCampfireなどがあります。クラウドファンディングを活用することで、事前に顧客の反応を確認し、開業後の集客にも役立てることができます。例えば、サウナの利用券や特典を提供することで支援者を募り、開業資金を集めることができます。

これらの資金調達方法を組み合わせて活用することで、必要な資金を効率的に集め、サウナ開業の実現に向けた準備を進めましょう。

ステップ③場所の選定と施設の設計

サウナの場所選びは、ビジネスの成功のカギを握る重要な要素です。適切な立地を選ぶためには、以下のポイントを考慮しましょう。

まず、繁華街や駅近くの人通りが多い場所は、自然に集客効果が期待できます。また、オフィス街や住宅地の近くも、ターゲット顧客層のアクセスが良く、リピーターを獲得しやすいです。次に、周辺の競合状況を調査し、競合が少ない地域や差別化できる特徴を持つ場所を選びましょう。

施設の設計については、利用者の快適性を最優先に考えます。サウナ室の広さや配置はもちろん、休憩スペースの快適さにもこだわりましょう。例えば、サウナ室は高温と適度な湿度を保つための専用設備が必要です。適切なサウナストーブや湿度管理装置を導入し、快適な温度と湿度を維持します。休憩スペースにはリラックスできる椅子や水分補給用の設備を設けることで、利用者の満足度を高めることができます。

さらに、シャワー室や脱衣所の清潔さも重要なポイントです。これらの設計を通じて、訪れる人々が心地よく過ごせる空間を提供しましょう。

ステップ④資格取得

サウナ開業にあたり、サウナ経営に資格はいるのか?と疑問を抱く方は少なくありません。ここでは、サウナを運営する上で求められる資格があるのか、また経営をサポートするために役立つ資格は何かを詳しく解説します。この記事を読むことで、必要な知識を身につけ、資格取得を通じてサウナ経営者としての信頼を高める方法を学びましょう。

サウナ経営に資格は必要?

サウナを経営するにあたって、特別な資格は必要ありません。しかし、衛生管理や安全管理の観点から、関連する知識を持っていることが望ましいです。また、地域によっては保健所の指導を受ける場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

サウナ経営に役立つ資格

サウナ経営に役立つ資格としては、以下のようなものがあります。


・公衆衛生管理者:施設の衛生管理に関する知識を習得するための資格
・防火管理者:火災予防や避難訓練に関する知識を持つための資格
・温泉ソムリエ:温泉やサウナの効果を理解し、適切なサービスを提供するための資格

ステップ⑤営業許可の取得と施設の検査

サウナを経営するにあたり、営業許可の取得と施設の検査が不可欠です。このステップでは、保健所への申請手続きから、必要な書類の準備、そして実際の施設検査までの流れを詳しく解説します。この記事を参考に、営業許可取得の手続きをスムーズに進めるための知識を身につけましょう。

必要な営業許可と必要書類

サウナを運営するためには、地域の保健所から営業許可を取得する必要があります。まず、サウナ施設として適切に運営するための要件を満たしているか確認することが重要です。必要書類には、以下のものが含まれます。

【営業許可取得に必要な書類】

・営業許可申請書:保健所で配布される申請書に必要事項を記入します。
・施設の図面:サウナ室やシャワー室、休憩スペースなどの配置図を提出します。
・衛生管理計画書:施設の清掃方法や衛生管理の計画を記載した書類です。
食品衛生責任者の資格証明書:サウナ内で飲食物を提供する場合に必要です。

これらの書類を準備し、保健所に提出します。また、申請時には手数料がかかる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

営業許可の取得までの流れ

営業許可の取得手続きは以下のステップで進めます。

【営業許可取得までのステップ】

1.事前相談
保健所に事前に相談し、必要な書類や手続きを確認します。

2.書類準備
必要な書類を揃え、記入します。施設の図面や衛生管理計画書もこの段階で用意します。

3.書類提出
保健所に書類を提出し、申請手続きを行います。提出後、担当者からの連絡を待ちます。

4.施設検査
保健所の担当者が施設を訪問し、設備や衛生状態をチェックします。必要な改善点があれば指示が出されますので、適宜対応します。

5.営業許可の発行
施設検査を無事にクリアすれば、営業許可が発行されます。これにより、正式に営業を開始することができます。

ステップ⑥酵素材料と備品の調達

サウナ経営に必要な酵素材料と備品の調達は、顧客満足度に直結する重要なステップです。

酵素材料は、サウナの効果を高め、利用者にリラックスと健康促進を提供するために不可欠です。信頼できる業者から高品質な酵素材料を仕入れることが、顧客満足度を高めるカギとなります。

次に、サウナ室で使用する備品を準備しましょう。サウナストーブや温度計、湿度計は、適切な温度と湿度を維持するために欠かせません。高性能なサウナストーブを選ぶことで、効率的に熱を供給し、快適な環境を保ちます。

また、タオルやアロマオイルも準備しましょう。これらは利用者が快適に過ごすために必要なアイテムです。タオルは清潔で柔らかいものを選び、アロマオイルはリラックス効果の高い種類を用意すると良いでしょう。これらの備品を適切に配置し、利用者が心地よく過ごせる環境を整えることが大切です。

ステップ⑦スタッフの採用とトレーニング

優れたサービスを提供するためには、適切なスタッフの採用とトレーニングが欠かせません。

まず、求人広告を通じて人材を募集します。求人広告には、サウナでの仕事内容や求めるスキル、応募方法を具体的に記載します。応募が集まったら、面接を行い、顧客対応能力や衛生管理の知識を持つ候補者を選定します。顧客対応能力は、来店者に快適なサービスを提供するために重要なポイントです。

採用後は、スタッフに対してサウナの運営方法や安全管理、接客マナーについてのトレーニングを実施します。トレーニング内容には、サウナの機器操作方法、衛生管理の基準、お客様対応の基本などが含まれます。

また、定期的に研修を行い、スタッフのスキルアップを図ります。これにより、常に高品質なサービスを提供できるようになります。スタッフが自信を持って業務に取り組むことで、利用者にとって安心で満足度の高いサウナ体験を提供することができるでしょう。

 ステップ⑧マーケティングとプロモーションの準備

サウナを効果的に宣伝するためには、マーケティングとプロモーションの準備が欠かせません。

まず、ターゲット顧客層を明確にし、そのニーズに応じた広告戦略を立てます。例えば、地元の新聞や雑誌に広告を掲載することで、地域住民にアピールします。また、SNSを活用して情報を発信し、若年層やインターネットを活用する層にもリーチします。InstagramやFacebook、Twitterなどのプラットフォームを利用し、定期的に投稿やキャンペーン情報を発信することで、フォロワーを増やし、認知度を高めます。

さらに、オープン記念キャンペーンや特典を設定し、初めて利用する顧客に対して魅力的なオファーを提供します。例えば、初回利用者限定の割引や、友達紹介キャンペーンなどが効果的です。これにより、開業直後の集客を促進し、顧客基盤を築くことができます。

広告素材やキャンペーン内容はプロフェッショナルなデザインで統一し、ブランドイメージを強化しましょう。これらのマーケティング活動を通じて、多くの人々にサウナの魅力を伝え、リピーターを増やしていくことを目指してください。

ステップ⑨正式オープン 

すべての準備が整ったら、いよいよサウナの正式オープンです。オープン日を決定し、地域住民や関係者に広く告知します。告知方法としては、地元の新聞やチラシの配布、SNSやホームページでの告知が有効です。オープン当日は、スタッフ全員が笑顔で来店者を迎え入れ、最高のサービスを提供します。

オープン記念イベントや割引キャンペーンを実施することで、多くの顧客にサウナを体験してもらいます。例えば、初日限定の特別料金や、来店者全員にプレゼントを用意するなどの工夫が効果的です。また、地域の有名人やインフルエンサーを招待し、SNSでの拡散を狙うことで、話題性を高め、より多くの顧客獲得に繋がります。

オープン日から順調に営業をスタートさせ、リピーターを増やしていくために、日々のサービス品質の維持と顧客満足度の向上に努めましょう。

サウナ経営者の年収目安

サウナ経営者の年収は、経営規模や立地条件、運営スタイルなど多くの要素に左右されます。一般的には、年収は数百万円から数千万円に及ぶことがあります。小規模なサウナの場合、初年度は収支がトントンになることが多く、年収は数百万円程度が平均です。しかし、経営が安定し、リピーターが増えるにつれて収益が向上し、年収も増加する傾向にあります。

例えば、都市部の繁華街や駅近くで高い集客力を誇る大型サウナ施設では、月々の売上が数百万円から数千万円に達することもあります。この場合、経費を差し引いた純利益が月々数十万円から数百万円となり、年収に換算すると1,000万円を超えることもあります。また、サウナと併設してスパや飲食施設を運営することで、複数の収益源を持ち、安定した収入を得ることもできます。

一方で、サウナ経営には初期投資や運営コストもかかるため、これらを十分に計算に入れて資金計画を立てることが重要です。特に、光熱費や人件費、設備の維持管理費などの固定費をしっかりと管理し、効率的な経営を目指すことで、年収を高めることができます。

このように、サウナ経営者の年収は様々な要因によって変動しますが、成功すれば高い収入を得ることができる魅力的なビジネスです。適切な経営戦略を立て、顧客満足度を高める努力を続けることで、安定した収益を上げることができるでしょう。

サウナ経営方法の基本!自分に合ったスタイルを見つけよう

サウナの経営には、自身でサウナビジネスを立ち上げる(独立経営)以外にも、様々な経営スタイルがあります。ここでは、サウナ経営の基本を解説し、独立開業、スパやフィットネスジムとの共同運営、フランチャイズという3つの経営スタイルについて詳しく紹介します。各経営スタイルの具体的なメリットとデメリットについても紹介するので、自分のビジネスプランやライフスタイルに最適な経営スタイルを見つけてください。

独立開業

独立開業は、自分自身の力でサウナ事業を立ち上げる方法です。

このスタイルの魅力は、自分のビジョンやコンセプトを自由に反映できる点にあります。独立開業のメリットとして、まず自由度の高さが挙げられます。経営方針やサービス内容を自分で決定できるため、他店との差別化が図りやすく、独自のブランドを築くことができます。また、成功した場合、収益は全て自分のものになるため、大きな利益を得る可能性があります。さらに、店舗デザインやマーケティング戦略など、自分のアイデアを直接反映できるため、クリエイティブな自由を楽しむことができます。

一方、独立開業にはデメリットも存在します。まず、初期投資が高額であることが挙げられます。物件取得費用、設備投資、内装工事など、開業資金が多く必要です。また、経営が上手くいかない場合、全てのリスクを自分で負わなければなりません。さらに、運営の全責任を自分が負うため、経営に関する知識や経験が不足していると、思わぬ困難に直面することもあります。

スパやフィットネスジムとの共同運営

スパやフィットネスジムとの共同運営は、既存の施設にサウナを導入することで、集客力を高める方法です。

このスタイルの利点は、初期投資を抑えつつ、既存の顧客基盤を活用できる点にあります。共同運営のメリットとして、まず初期費用が少ないことが挙げられます。既存施設のインフラを活用できるため、新たに設備を導入する必要がありません。また、既に確立された顧客基盤を利用できるため、集客の不安が少なくなります。さらに、スパやジムと連携することで、相乗効果を期待でき、顧客満足度を高めることができます。

しかし、共同運営にもデメリットがあります。まず、経営の自由度が低くなることが挙げられます。相手施設との契約内容によっては、自分の意見が反映されにくくなる可能性があります。また、利益をシェアするため、収益が減少することも考えられます。さらに、施設の運営方針やサービス内容が合わない場合、トラブルが発生するリスクもあります。

フランチャイズ

フランチャイズは、既存の成功したビジネスモデルを活用してサウナを開業する方法です。

フランチャイズのメリットとして、まずリスクが低いことが挙げられます。既に成功しているビジネスモデルを利用するため、経営の失敗リスクが軽減されます。さらに、ブランド力を活用することで、開業初期から集客を期待できる点も大きな利点です。

フランチャイズに加盟することで、ブランド力や経営ノウハウを活用し、効率的に事業を立ち上げることができます。フランチャイズ本部からのサポートを受けられるため、未経験者でも安心してサウナ事業を始めることができます。サウナや酵素風呂の開業を支援する酵素風呂ネットワークは、業界での30年以上の経験、および累計50施設以上の立ち上げ実績があります。酵素風呂ネットワークに加盟することで、開業前の準備から運営まで、全面的にサポートを受けることができます。

もちろん、フランチャイズにはデメリットも存在します。まず、加盟費やロイヤリティが必要となり、収益の一部をフランチャイズ本部に支払う必要があります。また、経営の自由度が低くなる点も考慮すべきです。本部の方針やルールに従わなければならないため、自分のアイデアを自由に反映させることが難しくなる場合があります。

しかし、これらのデメリットを考慮しても、フランチャイズのメリットは非常に魅力的です。特に、酵素風呂ネットワークのような強力なサポート体制があれば、未経験者でも安心して事業を始めることができ、成功への道が開けます。もし、サウナ経営に興味がある方は、ぜひ酵素風呂ネットワークに問い合わせてみてください。専門的なサポートと実績豊富なノウハウを活用して、成功への第一歩を踏み出しましょう。

酵素風呂の開業・導入に関心のある方へ

下記に、各経営スタイルのメリット・デメリットに加え、手軽さ・資金・成長性においてそれぞれ比較しました。

経営スタイルメリットデメリット手軽さ資金成長性
独立開業自由度が高く、自分のビジョンを反映しやすい。成功すれば全収益を得られる。初期投資が高く、リスクを全て自分で負う。経営の知識が必要。
共同運営初期費用が少なく、既存の顧客基盤を活用できる。相乗効果が期待できる。経営の自由度が低くなる。利益をシェアするため収益が減少する可能性がある。
フランチャイズリスクが低く、ブランド力や経営ノウハウを活用できる。サポートを受けられる。加盟費やロイヤリティが必要。経営の自由度が低くなる。

まとめ

サウナ経営を成功させるためには、開業に向けた準備と適切な資金調達が不可欠です。この記事では、サウナ開業までのステップを9つに分けて具体的に解説しました。特に重要なのは、各ステップで具体的な行動計画を持つことです。例えば、初期費用や運営資金の目安を詳細に算出し、必要な資金をどのように調達するかを明確に計画することが重要です。

サウナ経営には多くの準備と努力が必要ですが、この記事を参考にすることで、具体的な行動計画を立てることができるでしょう。サウナ開業を検討している方は、ぜひ酵素風呂ネットワークに問い合わせてください。豊富な経験と実績を持つ専門家のサポートを受けながら、サウナ経営を成功に導きましょう。あなたの夢を現実にするための第一歩を踏み出してみてください。

コラム一覧に戻る
Pick UP 記事
カップルの写真
利用シーン

カップルで酵素風呂デート!必見の楽しみ方と持ち物ガイド

2023.09.27
女性の美容イメージ
入浴効果

酵素風呂の好転反応は怖い?入浴前に知りたい症状と安心の対処法

2023.09.27
人気記事
酵素風呂の写真
衛生面

酵素風呂は汚いって本当?他人の汗や衛生面を徹底解説

2023.07.21
カップルの写真
利用シーン

カップルで酵素風呂デート!必見の楽しみ方と持ち物ガイド

2023.09.27
女性の美容イメージ
入浴効果

酵素風呂の好転反応は怖い?入浴前に知りたい症状と安心の対処法

2023.09.27
都道府県から酵素風呂を探す
北海道・東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州・沖縄
都道府県から探す